ペット保険の内容と加入の際の注意点

ペットを飼っている人にとって、ペットの病気やケガは大きな心配事の中の1つだと思います。また、ペットの病気やケガはペット本人が苦痛なだけではなく、飼い主にも大きな負担となってしまいます。というのも、ペットには人間のように健康保険が無いので、かかった治療費は全額自己負担となってしまうからです。ペットの治療費は人間並かそれ以上とも言われていますので、治療が長引いたり大きな手術をした場合の治療費は、相当なものになる場合があります。


このような場合にペットや飼い主の助けになってくれるのがペット保険です。ペット保険は、ペットの治療や手術、入院にかかった費用の他にも、ペットが他人や他人の物に危害を加えてしまった場合の補償、ペットが亡くなってしまった場合のお見舞い金などが出るようになっているものです。保険会社によって内容は異なりますが、治療費などは全額保障されるもの、一部負担が必要なものなど様々ですが、高額になりがちなペットの病院代をカバーしてくれます。


また、多頭飼いをしている場合は、2匹目以降の保険料が割引になったり、ペットの健康に関する相談を無料で受け付けていたりといったサービスを付帯しているものもあります。このように加入しておくと安心のペット保険ですが、保険金が支払われない病気があったり、ペットの種類や年齢によって加入出来ないケースもありますので、事前に確認が必要になります。そして、ペット保険は万が一の場合の助けにはなりますが、一番大事なのは日頃ペットがケガや病気をしないような環境作りをすることである、ということを忘れないようにしなければなりません。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
[`grow` not found]
Share on LinkedIn

Posted in カテゴリー1 | コメントする

ペット保険への加入を考える

今の時代はペットはとても大切に扱われており、医療も発達しているので、20年以上など長生きすることも珍しくなくなっています。我が家でも最高では19年生きた猫がいましたが、上には上がおり、動物病院で24歳の猫に出会ったこともあります。ペットが長生きしてくれるとそれだけ長く一緒にいられるのでとても嬉しいのですが、でもペットも年をとると病気なりやすく、そして治療費も高くつきます。そこでペット保険の加入も検討しています。


動物は人間のように保険証がないので、治療にはかなりの費用がかかります。最近は透析など高度な治療も行われていますが、私もこういった治療のときはすぐに現金がなくなり、定期預金を崩していました。可愛いペットのためだから我慢できるのですが、でも治療が長引くと飼い主にも大きな負担がかかってしまいます。最近はペット保険も充実しており、種類も豊富となっています。今飼っている猫も8歳になりましたので、そろそろ加入をと思っています。


ペット保険にもいろいろな種類がありますが、安いものなら、手術のみの対応など限られていますが、かなり掛け金が安いものもあり、ペットが若いときなら、こういった保険でも充分かなと思っています。人間と同じで、ペットも年をとると慢性的な疾患になりやすく、そのため長く治療を行うことになることも多いものです。保険に加入しておくと、医療費もかなり安くなりますし、お金の心配をせずに治療に専念できますし、それだけ高度な医療の受けさせてあげられそうです。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
[`grow` not found]
Share on LinkedIn

Posted in カテゴリー2 | コメントする

ペット保険は家計のために入っておくべき

最近、ペットを飼っている人が増えている。ペットは家族だと思っている家庭も多く、食べるものから洋服まで人間顔負けである。もちろん、医療に対してもそうである。動物病院も各地で展開している。それゆえ、ペットも人間と同様の医療を受けることが多い。しかしながら、ペットには健康保険がないために、完全に自費である。そのため、ペットの医療費が高額になることがある。もし、ペットの医療費の支払に不安を感じるのであればペット保険をおすすめする。


ペット保険とは名前の通りペットのための保険である。人間で言う医療保険に該当する。通院や入院費の全額や一部を負担してくれるシステムである。どれくらいの保障額になるかは、保険会社によっても異なってくるので、ぜひとも資料を請求して比較検討を行いたいものである。また、保障額の設定によっても毎月の支払いが異なってくるので、家計の負担を考えながら、万が一の時に備えて、ペット保険の加入を検討しておきたいものである。


愛するペットが病気になったとき、どうしてもお金が物を言う。実際、わたしの上司の猫が結石になったとき、手術や入院費で60万円になったという。なかなかこの金額を簡単に支払できる家庭は少ないはずである。そのため、月々の支払をするペット保険に加入していくことで、いざというときの支払を免れることができる。ペット保険を毎月の支払として計算しておけば、いざというときに対応もできるだろう。愛するペットのためにも加入しておきたいものである。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
[`grow` not found]
Share on LinkedIn

Posted in カテゴリー3 | コメントする

ペット保険をかけるか貯金するか

ネット通販で最近よく見かけるペット保険ですが、ペットのことを思うならばペット保険はかけておいたら安心だと思います。動物病院は普通の保険がきかないので、いざペットが病気やケガをしたときの出費が小さくないからです。どのくらい費用がかかるかわからないだけに、動物病院に行くのに躊躇して手遅れになってしまってはペットがかわいそうです。ただ、人間とは違うので、ペット保険では毎月の保険料は安く抑えたいものです。<br/><br/><br/>ペット保険に月々数千円かけるのなら、それと同額程度の貯金をするというのもいいかもしれません。ただし、いつ病院にかかるかわからないのと、万一長期の通院ということになったり、難しい手術が必要になったりするかわかりません。その時になって治療するかどうか悩むのであれば愛するペットのためにペット保険に入っておく方が安心だと思います。もしも月々の保険料が安く済むならば、ペット保険に加えて少しペットのための貯金をしておいたほうがいいかもしれません。<br/><br/><br/>いざペットが病気やケガをしたときに入っているペット保険でどのくらいまかなわれるのか、補償される病気の種類などがわかりやすく明記されていると良いと思います。ペットの種類によって、外に出るとか出ないとかでも危険度が変わってくると思いますし、年齢によっても変わってくるでしょうから、その状態によって保険料が抑えられると有り難いです。どのペット保険が良いペット保険なのかよく検討して上手に利用できたらいいと思います。

 

Share on Facebook
Post to Google Buzz
[`grow` not found]
Share on LinkedIn

Posted in カテゴリー4 | コメントする